2020年8月1日

藤枝大祭(おおまつり)

取材・文

日本の祭り研究所 所長
NPO日本の祭りネットワーク副理事長
苦田 秀雄

静岡に残っていた江戸

この祭りは長唄・三味線・お囃子に合わせて踊る地踊りとしては日本最大の規模。藤枝14の街の参加です。それぞれの街は屋台をもち、そこには長唄師匠と伴奏者あわせて10人が乗り、屋台の綱曳き100人がその演奏にあわせて地踊りを披露します。これがなんとも粋。見ているものも自然に体が動いてしまいます。この町でこれほど長唄地踊りが盛んになったのは明治39年に藤枝左車区出身の長唄巨匠・家元6世芳村伊十郎を祭りに迎えたことによります。いまは8代目伊十郎が左車区の屋台で長唄を披露。屋台の方向転換も見事。てこ棒を屋台の前面にかませて10人ほどの曳き手が揺すって向きを変えます。

実施日/10月第1土曜日~日曜日(大祭は3年に1度)
場所/静岡県藤枝市飽波神社周辺
電話/054-645-2500(藤枝市観光協会)
交通/JR東海道本線「藤枝」駅下車 東名高速道路「焼津」IC下車

※変更になる場合もございますので、お出かけの際は事前にご確認ください。

ページ先頭へ