2022年6月23日

「二劔」

亀岡神社秋季例大祭

取材・文

日本の祭り研究所 所長
NPO日本の祭りネットワーク副理事長
苦田 秀雄

「二劔」、それは自分自身

この奉納神楽は天照大神の御神徳をたたえる「山之神」、技舞のひとつで器を両手に舞う「折敷(おしき)」、心身の安息を願う「神相撲」などがあり、13番が「二劔」の奉納です。それは太刀によって邪気を祓うもの。この出来次第で平戸神楽の成否が決まるとされるため、舞手は真剣そのもの。さらにこの国の成り立ちを説く「神代開(じんだいひらき)」、猿田彦が天孫を道案内する様子の「猿田彦舞」、天照大神が隠れた天の岩戸の前で踊る「細女命(うずめのみこと)」など、およそ8時間。神楽の大河です。

実施日/10月24日~27日(神楽は26日)
場所/長崎県平戸市岩の上町 亀岡神社
電話/0950-22-2228(亀岡神社) 0950-22-4111(平戸市文化交流課)
0950-23-8600(平戸観光協会)
交通/西九州自動車道「佐々」IC
撮影/富谷正弘

※変更になる場合もございますので、お出かけの際は事前にご確認ください。

ページ先頭へ