2022年4月28日

小槌神社の水垢離(新型コロナ以前の様子)

大槌(おおつち)まつり

取材・文

日本の祭り研究所 所長
NPO日本の祭りネットワーク副理事長
苦田 秀雄

大震災に負けることなく

2011年3月11日、東日本大震災の巨大津波は大槌の街を飲みこみ、多くの町民が還らぬ人となりました。それから10年、加えてコロナウイルスです。大震災では「密」が、コロナでは「疎」が必要とされました。それでも彼らは歩みを止めません。祭りが心を元気にし、人とのふれあいを作るのです。
祭りは小鎚川での神輿の勇壮な水垢離(みずごり)、大槌城山虎舞や鹿子舞をはじめとする郷土芸能の数々、神輿の町内渡御と曳船、山車で打ち鳴らされる粋のいい太鼓、居並ぶ露店で賑わいます。大震災にめげることなく、必死に郷土の祭りを継承する人々を応援しましょう。

実施日/9月中旬(「大槌まつり」)
場所/岩手県上閉伊郡大槌町 大槌稲荷神社・小鎚神社~大槌町内
電話/0193-42-5121(大槌まつり実行委員会事務局:一般社団法人大槌町観光交流協会)
交通/三陸鉄道リアス線「大槌」駅下車

※変更になる場合もございますので、お出かけの際は事前にご確認ください。

ページ先頭へ