2020年8月18日

島野浦神社秋季大祭

取材・文

日本の祭り研究所 所長
NPO日本の祭りネットワーク副理事長
苦田 秀雄

この島には昭和の幸せが

神事の後、神輿は魚恊へ。そこで神楽が舞われます。舞台は壁面をトロ箱の積み重ねで、それに大漁旗を飾ったもの。夜は港に停泊した漁船がライトアップされ、海はグリーン。幻想的な雰囲気です。翌日は朝から神事があり、ふたたび漁協での神楽奉納、餅まきと続き、午前8時、神輿が活動開始。化粧の若者に担がれた太鼓台が意気軒昂に港を練ります。神輿は漁船に載せられ海上神幸に出港。随船が4,5隻大漁旗をなびかせて伴走。最後は神輿の還御です。鳥居の下の広場で小学生による獅子舞が見事。神輿が神社に帰ります。それを鳥居の下で食い止めるのが太鼓台。神様にはまだ帰ってもらっちゃあ困るということです。

実施日/旧暦11月15日の満月に一番近い土曜日~日曜日
場所/宮崎県延岡市島浦町 島野浦神社
電話/0982-43-1050(島野浦離島開発センター)
交通/JR日豊本線「延岡」駅下車・浦城港から通船
東九州自動車道「須美江」IC下車・浦城港から通船

※変更になる場合もございますので、お出かけの際は事前にご確認ください。

ページ先頭へ