2020年8月18日

たてもん祭り

取材・文

日本の祭り研究所 所長
NPO日本の祭りネットワーク副理事長
苦田 秀雄

光のバレリーナ舞台入り

「たてもん」は神の依代であると同時に、供物を載せる三方(さんぽう)でもあるとか。それをクルクル回すのは、前から後ろから供物(提灯)を神に見せるため。そういうことで「たてもん」の意味は「たてまつるもの」という説もあります。それを魚津7町内がそれぞれ諏訪神社に奉納。高さは16m、重さ5tで、車輪がついていないため人力で動かすのが特徴。夕方「たてもん」の提灯に灯りが入り、大太鼓が“ドンド ドンドン”笛のお囃子、手持ち鐘が“ジャラン ジャラン”と振りまわされるや“せーのこい”、“やー”の掛け声でこの光のピラミッドが勢いよく境内に突入。あ、これは光のバレリーナの舞台入りかと思うばかり。

実施日/8月第1金曜日~土曜日
場所/富山県魚津市諏訪町 諏訪神社
電話/0765-22-1200(魚津まつり実行委員会)
交通/富山地方鉄道「電鉄魚津」駅下車 北陸自動車道「魚津」IC下車

※変更になる場合もございますので、お出かけの際は事前にご確認ください。

ページ先頭へ