2020年8月17日

城山神社祭礼行事(鹿野祭り)

取材・文

日本の祭り研究所 所長
NPO日本の祭りネットワーク副理事長
苦田 秀雄

鹿野町、祭りを軸に町づくり

家々の格子窓からは祭り客をもてなす光景が透けてみえ、側溝には清水が流れています。15日は御神幸です。先頭は鍛冶町の榊、続いて大工町の玄武の屋台、紺屋町の幟差し、山根町の朱雀の屋台、下町の二転門の屋台、上町の青龍の屋台と獅子・猩々(しょうじょう)*、殿町は御神輿、そして7町の武者たちは威風堂々の行列。夜8時ごろ、河内川端の御神事場で神事があり、祭りはフィナーレに向かいます。神社への還御にあたり、「年行事役面」の若者が太平石の上で「登山御供目録」を読みあげます。それは還御の役割と順番。この日、「年行事役面」は鹿野で一番の男にして一番の裏方なのです。
*猩々:中国古典に登場する架空の動物で、この祭りでは赤い面をつけ、神幸の道案内役となっている

実施日/2年ごと(西暦偶数年)の4月第2土曜日~日曜日
場所/鳥取県鳥取市鹿野町 城山神社
電話/0857-84-2011(鳥取市鹿野町総合支所「教育委員会鹿野分室」)
交通/JR山陰本線「浜村」駅・「鳥取」駅・「鳥取」空港から路線バス

※変更になる場合もございますので、お出かけの際は事前にご確認ください。

ページ先頭へ