2020年8月15日

運河を進む宗像3女神

阿智(あち)神社秋季大祭

取材・文

日本の祭り研究所 所長
NPO日本の祭りネットワーク副理事長
苦田 秀雄

じじばば素隠居(すいんきょ)、倉敷を駆ける

先ず目に飛び込んできたのが老人の面をつけて渋団扇で幼児の頭を叩いて回る奇妙な集団。彼らは「素隠居」とよばれ、この人たちに頭を叩かれると頭がよくなったり、健康になるのだとか。土曜日には阿智神社の神楽殿で「3女神の舞」があります。そして翌朝、3女神の乗る小舟が船頭にあやつられ、滑るように倉敷川の運河を進んできます。しばらくして美観地区の入り口で始まったのが「祭り合わせ」。神輿・倉敷千歳楽という太鼓神輿・3女神・獅子舞・素隠居などの面々で、祭りに参加したすべてのグループの同時出演です。観光風致地区の民家では玄関にお宝の展示もされ、「倉敷」でみつけたのは「くらしの四季」。

実施日/10月第3土曜日~日曜日
場所/岡山県倉敷市本町 阿智神社
電話/086-425-4898(阿智神社)
交通/JR山陽本線・山陽新幹線「倉敷」駅下車 山陽自動車道「倉敷」IC下車

※変更になる場合もございますので、お出かけの際は事前にご確認ください。

ページ先頭へ