2020年8月15日

お旅所に神社ができた

早長(はやおさ)八幡宮秋祭り

取材・文

日本の祭り研究所 所長
NPO日本の祭りネットワーク副理事長
苦田 秀雄

“エンヤ エンヤ”と神社が駆ける

これはそれぞれの町内が神社のパーツを持ちより新たに神社を作ってしまう奇祭です。例祭が終わり、早長八幡宮から山車が次々とお旅所に向けて出発。それは先頭から台若(だいは)、鳥居、石燈呂(いしとうろ)、高麗犬(こまいぬ)、阿形(あぎょう)、高麗犬、吽形(うんぎょう)、随神(ずいじん)、右大臣、随神、左大臣、御鏡山、曳舟の順で、最後尾に踊山がつき神輿、神職、氏子などが行列で進みます。「室積山車練り唄」にのって進む姿は舞台装置の大道具運搬風景。それらは早長八幡宮を出発した順序で次々とお旅所に到着。若衆らは手慣れた手つきでパーツを配置。2基の神輿も運び込まれ、あっという間に神社が完成です。そこで神事が終わり、およそ1時間で解体、撤収。

実施日/10月体育の日の前日
場所/山口県光市室積 早長八幡宮
電話/0833-78-0267(光市室積山車保存会)
交通/JR山陽本線「光」駅下車 山陽自動車道「熊毛」IC下車

※変更になる場合もございますので、お出かけの際は事前にご確認ください。

ページ先頭へ