2020年8月15日

「鳥居越し」には誰もが息をのむ

賀来神社仲秋祭 賀来の市

取材・文

日本の祭り研究所 所長
NPO日本の祭りネットワーク副理事長
苦田 秀雄

“コラッサ”が街を進む、それはそれは「しらしんけん」

祭りの華はご神幸に付随する大名行列です。その先頭は露払い「先徒士」の10人。続いて「槍組勢子」や「槍大名」「小道具」などの一行。「鉄砲大名」を中心にした勢子たち。「弓大名」を中心とする一行。そして「総大名」と「5人組」たち。少年らは鳥居越しに長さ1.8m、重さ4㎏の立傘を投げ上げ、鳥居を走り抜け、それをはっしと受け取ります。大人のパートは大道具の行列です。「唐人傘」「天目槍」「金紋先箱」「台傘・立傘」「大鳥毛槍」「島田頭」と続き、次の儀仗は「神杖」「白旗持」花槍」「神名旗」「太刀持」「弓持」「神幣」「御神体」「御傘」「押え」「供奉太鼓」。堂々たる行列はおよそ200名。

実施日/9月1日~11日(卯年と酉年のみ大名行列がおこなわれ、それ以外の年は7日間)
場所/大分県大分市賀来地区 賀来神社
電話/097-549-5568(賀来神社)
交通/JR久大本線「賀来」駅下車

※変更になる場合もございますので、お出かけの際は事前にご確認ください。

ページ先頭へ