2020年8月14日

獅子が神様!

宮内熊野の獅子祭り

取材・文

日本の祭り研究所 所長
NPO日本の祭りネットワーク副理事長
苦田 秀雄

「おししさま」たたきまくり

先ず行者たちは崇拝の対象である「おししさま」の頭をお神酒で清め、タテ髪をとりつけ、箱に納めて一斉にその頭を叩きます。それが「ハコバヨイ」。箱に触れることがご利益なのです。今度はその頭髪の壮絶な奪いあい。これが「オシダバヨイ」。翌日は「ボンテンバヨイ」が。これは御上りに奉仕する行者たちのお清め。舞が終われば行者たちが「おししさま」の頭髪を奪いあいます。それが「シシバヨイ」。「おししさま」は大鳥居に進みます。そのとき獅子児たちが「おししさま」の頭を叩き、あわせて自分の頭も叩きます。健やかに育つというまじない。「バヨイ」は「競」と表記。これは獅子を通じた希少な潔斎です。

実施日/7月23日~26日
場所/山形県南陽市宮内 熊野大社
電話/0238-47-3303(熊野大社)
交通/JR奥羽本線「赤湯」駅下車 山形自動車道「山形蔵王」IC下車

※変更になる場合もございますので、お出かけの際は事前にご確認ください。

ページ先頭へ