2020年8月14日

クモパンチは意外と強烈

加治木(かじき)くも合戦

取材・文

日本の祭り研究所 所長
NPO日本の祭りネットワーク副理事長
苦田 秀雄

スパイダーファミリーの町

はじめに「優良グモ」の表彰。これはクモの大きさや色つや、姿カタチを競うもの。次は「合戦」。60cm程度のヒモシという棒の上での戦いです。はじめに「かまえ」とよばれる一匹が棒の先端におかれます。つぎに「しかけ」という対戦相手を棒の上に放って戦いがスタート。それぞれのクモのオーナーは「かまえ」「しかけ」と書かれた椅子で観戦。行司の“たたたたたー”、“のこった のこった”という掛け声が会場にひときわ大きく、興奮すればもう何を言っているのかよそ者には理解不能。瞬時に勝敗を見分ける行事の目はじつに真剣。クモが猛烈なスピードで相手にパンチをくりだします。クモパンチ、鮮やかです。

実施日/6月第3日曜日
場所/鹿児島県姶良市 加治木福祉センター
電話/0995-62-2111(姶良市加治木地域振興課)
交通/JR日豊本線「加治木」駅下車 九州自動車道「加治木」IC下車

※変更になる場合もございますので、お出かけの際は事前にご確認ください。

ページ先頭へ