2020年8月14日

祭りの終りを惜しむか、神輿は多摩川で大暴れ

八雲神社春季例大祭

取材・文

日本の祭り研究所 所長
NPO日本の祭りネットワーク副理事長
苦田 秀雄

自転車サイズの町のほどよい祭り

これは稲荷神社に合祀されている八雲神社の祭礼で、阿蘇神社、五ノ神社、神明神社、玉川神社、松本神社の合同祭です。祭り前日の土曜日にはJR青梅線羽村駅西口広場にそれら6社の山車が勢ぞろい。それぞれの山車で演奏されるのは粋でテンポのよいお囃子。ひょっとこやキツネなどが独自の演技をみせ、それはお互いがお互いの技を尊敬しあっている印象。翌日、祭り最後のハイライトは神輿の多摩川渡御です。若者らの担ぐ神輿は川で大暴れ。西多摩の古い文化が流れるこの祭りは養蚕西多摩村の財力を基盤にした文化と、江戸や甲州文化が混ざりあった独自の雰囲気をかもすもの。さあ、桜の吹雪く玉川上水へ。

実施日/4月第2土曜日~日曜日
場所/東京都羽村市羽東 稲荷神社・八雲神社ほか
電話/042-555-9667(羽村市観光協会)
交通/JR青梅線「羽村」駅下車 圏央道「日之出」IC下車

※変更になる場合もございますので、お出かけの際は事前にご確認ください。

ページ先頭へ