2020年6月24日

高さを競う継獅子

加茂大祭

取材・文

日本の祭り研究所 所長
NPO日本の祭りネットワーク副理事長
苦田 秀雄

神様たちの年に一度のランデブー

これは町内の東4社と西4社の神社の祭りです。それぞれの神社が総社宮(そうじゃぐう)に神幸を始めます。神社に揃えば大鳥居の前で「お入りの儀」である棒使い・奴の毛槍渡し・獅子舞が奉納。そこからがこの祭りのクライマックス。“おー”という雄たけびをあげながら次々神輿が総社宮に突入。それは年に一度の逢瀬の喜びか。やがて境内では「お遊び」という薙刀・棒使い・獅子舞が舞われ、継獅子の高さを競う芸能が奉納されます。それは巨大なユタン(獅子の衣)に身を包んだ大獅子が神社の屋根に向かって天に天に伸びてゆくもの。最後は“うおーうおー”の掛け声で各社がそれぞれの神輿を高々と持ち上げ、気勢をあげます。

実施日/10月第3日曜日
場所/岡山県加賀郡吉備中央町加茂市場 総社宮
電話/0866-54-1301(吉備中央町協働推進課)
交通/岡山自動車道「賀陽」IC下車

※変更になる場合もございますので、お出かけの際は事前にご確認ください。

ページ先頭へ