2020年6月24日

浜松祭り

取材・文

日本の祭り研究所 所長
NPO日本の祭りネットワーク副理事長
苦田 秀雄

遠州灘に祭りが爆発

この祭りは永禄年間に引間城主の長男誕生を祝い、城内で凧を揚げたのが起源。それがいまでは174ヶ町が競いあう全国有数の凧揚げ大会になったのです。遠州灘中田島の空には数々の凧がゆうゆうと泳いでいます。それらは互いの糸を絡ませて綱切り合戦を始めます。切られた凧ははるか彼方の遠州灘へと消えてゆきます。ここは「遠州のからっ風」と呼ばれる地域。さらに夜、市の中心部には市内80以上の町が引きまわす御殿屋台が見もの。屋台には煌々と明かりが入れられ、粋のいいお囃子にのって悠々と街を進みます。無数の子供らが笛を吹きながら随行。ラッパも高らか。御殿屋台の造りに匠の技が光ります。

実施日/5月3日~5日
場所/静岡県浜松市中心部 遠州灘中田島(凧揚げ)
電話/053-458-0011(浜松まつり組織委員会)
交通/JR東海道新幹線「浜松」駅下車

※変更になる場合もございますので、お出かけの際は事前にご確認ください。

ページ先頭へ