日本の祭り研究所

日本の祭りを旅しよう

古来日本人はすべてのものに神が宿ると考え、自然を敬い、畏れてきました。それは太古より自然の脅威にさらされ続けてきたがゆえの知恵だったのです。さらに先人は異文化も柔軟に取り入れ、日本の風土にあわせて日本独自の文化を紡いできました。
人々は故郷の思い出を胸に齢を重ねます。それは故郷の自然であり、祭りの音、食べもの、いまは亡き親の顔など、祭りにみる思い出の数々。日本の祭り文化の底流は「自然への畏敬」と「人との和」であり、「故郷への愛」なのではないでしょうか。

これは北の大地から沖縄の離島にいたるまで、私たちが現地で取材した祭りのミニルポルタージュです。祭りには現地でなければ味わえない感動や臨場感、人々の想いがあります。ぜひとも現地で祭りを体感してください。地域の人たちはきっとあなたを優しく迎えてくれるはずです。

*18年にわたる取材のため、なかには廃絶したもの、開催日が変わったものも含まれているかもしれません。必ず事前にご確認ください。

天念寺修正(しゅじょう)鬼会(おにえ)

国東半島一帯には仏教遺跡が多く残され、大陸文化の集積地でもあり、独自の仏教文化を育んできたところ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

多度祭 上げ馬神事

神占で6地区6人の青年騎手が選ばれます。彼らは地域の期待を背負って多度大社にある平均斜度30度の坂と2...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

藤切り祭り

「藤切祭」は奥秩父の金峰山(2599m)に出没し、里人を苦しめた大蛇を退治したという故事に由来します。祭...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

チャグチャグ馬コ

鬼越蒼前神社の境内で馬子たちが馬の背中に鞍をのせて蒲団をかけ、腹を包み込んでいます。さらに鳴輪、...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

会津田島祇園祭

祭りは地域の党屋組(とうやぐみ)という組織を中心にして行われ、祭りのおよそ半年前の「おとうや千度」...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

戸畑祇園大山笠

7月になれば各山笠とも「宿開き」、「道具調べ」、山笠台を組み立てる「ねじとり」などの準備に入ります...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

西馬音内(にしもない)盆踊り

町内の通りに篝火がたかれ、流れるのは秋田音頭ベースのお囃子。その歌詞がエロチックで、ユーモラス。...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

沼田町 夜高(よーたか)あんどん祭り

この祭りのルーツは富山県福野村です。沼田町に入植したのは沼田喜三郎をはじめとする福野村の人々でし...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

平敷屋(へしきや)エイサー

エイサーは、踊念仏で仏法を広めた袋中(たいちゅう)上人(しょうにん)が明の時代の中国に渡って経典をも...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

中国盆~普度蘭盆勝会~

長崎には350人もの華僑が暮らしています。その最大の行事が「中国盆」。これは正式には「普度蘭盆勝会(...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

川内(せんだい)大綱引

この綱引は関が原の戦いに向かう兵士を薩摩藩主が鼓舞するために始めたもの。これは後に青少年を育成す...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

吉良川御田八幡宮秋の例祭

これは春と秋の「御田祭」が対になっている祭りです。春の祭りのメインは田植えから収穫までを古風な能...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

島田大祭帯祭り

むかし島田では、よそから嫁いできた花嫁はお披露目に町を歩くというしきたりがありました。でも花嫁を...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

灘のけんか祭り

彼らは自らを「灘モン」と呼び、祭りは地域の誇りと意地のぶつかりあい。祭りで神輿をぶつけあうことの...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

久世(くせ)祭り

だんじりの上には社(やしろ)が組まれ、四方に笹を立て、その中で子供たちが鐘と太鼓を乱打し、その先端...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

八代(やつしろ)妙見祭

妙見信仰は、人の運命は北極星に支配されるという思想で、北斗七星を神格化した信仰です。天体の東は歳...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

秋葉祭

残雪残る早春の山沿いを霧の窪、本村、沢渡の三地区が「トントンチキチ トンチキチ」と音曲を鳴らしつつ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

田作祭(たづくりさい) 火振り神事

この祭りは阿蘇農耕祭事の一環です。旧暦1月13日の阿蘇神社の「踏歌節会(とうかせつえ)」に始まり、10月...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

三熊野神社大祭

この祭りの起源は、遠州横須賀藩主の家臣が江戸の天下祭の屋台の様式と囃子をこの地に持ち込んだとされ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

三国祭

2基の神輿と神宝棒持の行列、武者行列、武者人形山車(やま)が新緑の若狭の港町を練ります。なかには丹下...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

苦田秀雄(にがたひでお)

1946年 岡山県生まれ
NPO日本の祭りネットワーク副理事長
日本の祭り研究所所長
東日本国際大学客員教授

加藤正明(かとうまさあき)

1956年 大阪府生まれ
NPO日本の祭りネットワーク理事/事務局長
日本の祭り研究所研究員
東日本国際大学客員教授
立命館大学客員研究員

ページ先頭へ