日本の祭り研究所

日本の祭りを旅しよう

古来日本人はすべてのものに神が宿ると考え、自然を敬い、畏れてきました。それは太古より自然の脅威にさらされ続けてきたがゆえの知恵だったのです。さらに先人は異文化も柔軟に取り入れ、日本の風土にあわせて日本独自の文化を紡いできました。
人々は故郷の思い出を胸に齢を重ねます。それは故郷の自然であり、祭りの音、食べもの、いまは亡き親の顔など、祭りにみる思い出の数々。日本の祭り文化の底流は「自然への畏敬」と「人との和」であり、「故郷への愛」なのではないでしょうか。

これは北の大地から沖縄の離島にいたるまで、私たちが現地で取材した祭りのミニルポルタージュです。祭りには現地でなければ味わえない感動や臨場感、人々の想いがあります。ぜひとも現地で祭りを体感してください。地域の人たちはきっとあなたを優しく迎えてくれるはずです。

*18年にわたる取材のため、なかには廃絶したもの、開催日が変わったものも含まれているかもしれません。必ず事前にご確認ください。

御願(ごんがん)神事(竹割まつり)

「御願神事」は、若い娘を人身御供にださねば田畑を荒す、とおびやかす大蛇を、青竹を激しく叩きつける...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

参候祭(さんぞろまつり)

これは「湯立神事」で、とりわけ七福神の問答が人気。午後7時、境内の舞庭(まいど)で始まったのは「不動...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

菊名の飴屋踊り

「飴屋踊り」はかつて神奈川のほかに関東一円に分布していた芸能です。それは江戸時代後期の街頭飴売り...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

熊野速玉大社 御船祭(みふねまつり)

その日、雲は低く山を包みこみ、霊気漂う熊野速玉大社に熊野速玉大神が降臨。ここは神の降る里(故郷)か...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

阿智(あち)神社秋季大祭

先ず目に飛び込んできたのが老人の面をつけて渋団扇で幼児の頭を叩いて回る奇妙な集団。彼らは「素隠居...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

早長(はやおさ)八幡宮秋祭り

これはそれぞれの町内が神社のパーツを持ちより新たに神社を作ってしまう奇祭です。例祭が終わり、早長...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

鹿沼秋まつり(鹿沼今宮神社祭の屋台行事)

今宮神社に彫刻屋台がどんどん繰り込んできます。来る屋台、来る屋台、その彫りはきわめて精緻。屋台は...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

お山参詣(さんけい)

「お山参詣」は旧暦の8月1日に津軽一円の集落から男子が集団で岩木山に登ってご来光を仰ぎ、豊作を祈る...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

大江八幡宮の御船(おふね)神事

この祭りは江戸中期に相良湊の廻船問屋によって始められたとされ、その様子は「遠江古蹟図絵」にも描か...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

賀来神社仲秋祭 賀来の市

祭りの華はご神幸に付随する大名行列です。その先頭は露払い「先徒士」の10人。続いて「槍組勢子」や「...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

市木(いちき)古式十五夜柱松神事・火祭

古来この辺りはしばしば大きな台風に悩まされてきました。これは台風の風で生じる竜巻を龍蛇に見たて、...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

鬼来迎(きらいごう)

「鬼来迎」は、地獄の様を演じる仏教劇です。それは仏教を信奉しなければ地獄に堕ちることを劇で教える...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

深川八幡祭り

これは門前仲町を中心に53の町内からなる下町地域の祭りです。8月12日の神幸祭では八幡神の乗った鳳輦が...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

石崎奉燈祭

能登の祭りに共通するのは大型の灯籠「キリコ」です。七尾市石崎町には西1区、西2区、西3区、東1区、東2...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

熊谷うちわ祭

真夏の3日間、12区の山車屋台が大音響で熊谷の街を練ります。これぞ関東一の祇園。7月20日、八坂神社か...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

鹿子原(かねこばら)の虫送り踊り

かつて虫送りの風習は全国にみられましたが、農薬の普及や高齢化で鹿子原のような原型を残すものは稀少...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

丹波山村(たばやまむら)祇園祭 ささら獅子舞

この祭りは江戸時代に沢井村(現東京都青梅市)の福島新左ヱ門が丹波山村の名主(なぬし)の守岡家に婿入り...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

久々子(くぐし)弁天祭

「久々子弁天祭」の由来は、かつて久々子海岸の西の岬に雌の大蛇、東の岬に雄の大蛇が棲み、それが互い...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

東湖八坂神社例大祭・統人行事

これは八郎潟周辺の水にかかわる信仰と、八岐大蛇退治の神話が習合した祭りです。クライマックスはスサ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

尾道祇園祭・三体廻し

3基の神輿が “よいやさーの よいやさ”と街に出てゆきました。やがてそれは“ここじゃ~ ここじゃ~ よい ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

苦田秀雄(にがたひでお)

1946年 岡山県生まれ
NPO日本の祭りネットワーク副理事長
日本の祭り研究所所長
東日本国際大学客員教授

加藤正明(かとうまさあき)

1956年 大阪府生まれ
NPO日本の祭りネットワーク理事/事務局長
日本の祭り研究所研究員
東日本国際大学客員教授
立命館大学客員研究員

ページ先頭へ