日本の祭り研究所

日本の祭りを旅しよう

古来日本人はすべてのものに神が宿ると考え、自然を敬い、畏れてきました。それは太古より自然の脅威にさらされ続けてきたがゆえの知恵だったのです。さらに先人は異文化も柔軟に取り入れ、日本の風土にあわせて日本独自の文化を紡いできました。
人々は故郷の思い出を胸に齢を重ねます。それは故郷の自然であり、祭りの音、食べもの、いまは亡き親の顔など、祭りにみる思い出の数々。日本の祭り文化の底流は「自然への畏敬」と「人との和」であり、「故郷への愛」なのではないでしょうか。

これは北の大地から沖縄の離島にいたるまで、私たちが現地で取材した祭りのミニルポルタージュです。祭りには現地でなければ味わえない感動や臨場感、人々の想いがあります。ぜひとも現地で祭りを体感してください。地域の人たちはきっとあなたを優しく迎えてくれるはずです。

*18年にわたる取材のため、なかには廃絶したもの、開催日が変わったものも含まれているかもしれません。必ず事前にご確認ください。

長浜曳山まつり

近江長浜城主だった羽柴秀吉はなかなか子宝に恵まれませんでした。やっと誕生した長男を祝い、町民たち...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

古川祭

「古川祭」の「起し太鼓」は太鼓を叩いて“今日は祭りだ”と、寝ている町民を起して回るもの。出立に先立...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

しものせき海峡まつり(先帝祭)

この祭りはわずか8歳で海に消えたとされる平氏の安徳天皇の命日に女官たちが赤間神宮に参拝したのが「先...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

神と紙の郷の春まつり

これは道祖神(どうそじん)ならぬ紙祖神(しそしん)の祭り。福井県越前市は日本一の手漉(す)き和紙の産地...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

走り神輿

かつてこの祭りには多くの帰郷者や観光客にあふれ、「祭りの日には島が沈む」といわれたとか。若者らは...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

那智・美瑛火祭り

昭和63年12月16日十勝岳が噴火し、美瑛(びえい)一帯を暗雲が覆いました。祭りは山の神の慰霊と震災で打...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

津野山神楽

ここは標高1000mほどの高知県と愛媛県境の町。キャッチフレーズは「雲の上の日常」で、坂本龍馬たちが愛...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

おおむた『大蛇山』まつり

高さ6m、長さ10mの怪獣が300人に曳かれて街を練ります。大蛇山です。祭りの由来は大蛇に食い殺されそう...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

神明(しんめい)の花火大会

真夏の笛吹川。花火はスターマインと早打ちから始まりました。ここは初めから派手です。そしてプログラ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

いちき串木野(くしきの)七夕踊

ここは薩摩の田園。「ドーン ドーン」鹿捕りの鉄砲に鹿は跳ねたり、あたりを見回したり、撃たれて苦しん...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

麓山(はやま)の火祭り

この祭りは年2回行われる「はやまごもり」、「おこもり」ともいわれるもの。参加者は一定期間山に籠って...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

角館(かくのだて)のお祭り

この祭りはお囃子、曳山、踊りすべてが佐竹北家のお殿様である敬久氏のご上覧に浴されるもので、風流(ふ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

とぅばらーま大会

「トゥバラマ」とは、女性が愛しい男性のことをさす言葉で、男性は女性を「カヌシャマ」といいます。沖...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

青井阿蘇神社おくんち祭

10月9日の「神幸式」は朝9時半から御神幸の安全を祈願する「発輦祭(はつれんさい)」があり、旧官軍の鼓...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

西条まつり

「西条祭り」は市内4社の秋祭りの総称です。嘉母神社は氏子たちの子供太鼓台6基による「かきくらべ」が...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

ケベス祭

この祭りの由来は不明です。ケベス役の青年に面がつけられて祭りはクライマックスへ。境内に積まれた木...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

竹ン芸

「竹ン芸」の由来は、祭り囃子に浮かれて出てきた白狐たちが、竹やぶの中で遊び戯れる様子を奉納踊りと...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

朝比奈(あさひな)大龍勢(おおりゅうせい)

龍勢とは筒に旗などの詰め物を入れて火薬で飛ばし、上空で爆発させて詰め物や煙で模様を描くもの。里山...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

祓川(はらいかわ)神楽

この神楽の目的は、冬に向かう時期、霊力の衰えた魂を鼓舞して再生させる「鎮魂(たまふり)」にあったと...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

日向(ひるが)の水中綱引き

その昔、日向湖と若狭湾をつなぐ運河に大蛇が出て村人は大変困っていました。識者が「蛇は自分より大き...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

苦田秀雄(にがたひでお)

1946年 岡山県生まれ
NPO日本の祭りネットワーク副理事長
日本の祭り研究所所長
東日本国際大学客員教授

加藤正明(かとうまさあき)

1956年 大阪府生まれ
NPO日本の祭りネットワーク理事/事務局長
日本の祭り研究所研究員
東日本国際大学客員教授
立命館大学客員研究員

ページ先頭へ