日本の祭り研究所

日本の祭りを旅しよう

古来日本人はすべてのものに神が宿ると考え、自然を敬い、畏れてきました。それは太古より自然の脅威にさらされ続けてきたがゆえの知恵だったのです。さらに先人は異文化も柔軟に取り入れ、日本の風土にあわせて日本独自の文化を紡いできました。
人々は故郷の思い出を胸に齢を重ねます。それは故郷の自然であり、祭りの音、食べもの、いまは亡き親の顔など、祭りにみる思い出の数々。日本の祭り文化の底流は「自然への畏敬」と「人との和」であり、「故郷への愛」なのではないでしょうか。

これは北の大地から沖縄の離島にいたるまで、私たちが現地で取材した祭りのミニルポルタージュです。祭りには現地でなければ味わえない感動や臨場感、人々の想いがあります。ぜひとも現地で祭りを体感してください。地域の人たちはきっとあなたを優しく迎えてくれるはずです。

*18年にわたる取材のため、なかには廃絶したもの、開催日が変わったものも含まれているかもしれません。必ず事前にご確認ください。

春の藤原まつり

これは源義経が兄の頼朝に追われて奥州に落ちのび、藤原家3代秀衡を頼った様子の再現です。秀衡はもちろ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

今治(いまばり)地区春の大祭 継ぎ獅子

それは「二継ぎ獅子」から始まりました。つまり人間の2段重ねです。3段、4段重ねは成功。彼らはついに人...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

三社祭(さんじゃまつり)

この祭りは4日間にわたります。第1日目の木曜日の夜、3基の神輿に神霊遷しが行われ、2日目の午後には鳶...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

松江城山稲荷神社式年神幸祭(ホーランエンヤ)

これは日本三大船神事です。船上での踊り手は舳先(へさき)の剣櫂(けんがい)という男役と、艫(とも)の采...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

おろごめ

錦江湾の柊原の浜に1辺およそ3m、深さ1・5mほどの穴が掘られました。それが「苙(おろ)」です。世話役の“...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

萩の和船大競漕~おしくらごう~

古式和船競漕「おしくらごう」の本部「青年宿」は、この地区に古くからある自治組織の集会所です。かつ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

美郷町(みさとちょう)の御田祭(おんださい)

「御田祭」は日陰山の中腹に本社をもつ田代神社が彦火火出見命(ひこほほでのみこといのち)の霊をお迎え...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

小倉祇園太鼓

「小倉祇園太鼓」は全国的にも珍しい太鼓の両面打ちです。山車の前後に直径1尺5寸の太鼓を据え、山車を...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

尾張津島天王祭

木曽川の湿地帯に育つ葭(よし)はその逞しい生育力で神格化されてきました。この祭りは葭を束ねた幣(へい...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

宇佐夏越(なごし)祭り

宇佐神宮は全国におよそ4万社の分社をもつ八幡宮の総本宮です。祭神の八幡神は大陸伝来の神とされ、道教...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

脇岬祇園祭

これは神輿行列と深堀藩の大名行列が一体化した祭りです。港の小さな路地、やってきたのは神輿を先導す...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

八朔祭(はっさくさい)

この祭りは山都町各町内が竹、杉、ススキ、松カサなど山野の素材を使い、世相を風靡したテーマで「造り...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

塩屋湾のうんがみ(海神祭)

これは沖縄本島北部、大宜味村の塩屋と白浜、屋古、田港の4地区が共同で行う海の彼方ニライカナイからの...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

例大祭流鏑馬祭り

この流鏑馬は馬が走った蹄(ひづめ)の足跡の形で氏子地域の吉凶を占うという世にも稀なもの。それが馬蹄...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

清内路(せいないじ)の手作り花火

諏訪神社の境内で仕掛け花火の葡萄(ぶどう)棚にご神火が点火されました。棚にぶら下がった葡萄がじわじ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

山古志(やまこし)の牛の角突き

牛の角突きのいいところは勝敗をつけないことです。勢子(せこ)たちは牛の気持ちを理解しているといいま...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

津山まつり

「津山祭り」は3社の秋の例大祭を総称する名前です。徳守神社はこの秋祭りの目的を「崇敬者の幸せを願う...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

佐波神社の人形三番叟(さんばそう)

そもそも「三番叟」とは「翁」「父尉(ちちのじょう)」「三番猿楽」の3つの演目のことであり、「叟」は「...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

野沢温泉の道祖神祭り

道祖神(どうそじん)はお地蔵様と同じで地域の境界を守って平安を保つサエノ神です。村人たちは道祖神歌...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

黒石寺蘇民祭(こくせきじそみんさい)

2月深夜、ここは雪が横になぐりつける岩手の山の中。褌(ふんどし)一枚の男たちが手に手に行燈を掲げ、雪...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

苦田秀雄(にがたひでお)

1946年 岡山県生まれ
NPO日本の祭りネットワーク副理事長
日本の祭り研究所所長
東日本国際大学客員教授

加藤正明(かとうまさあき)

1956年 大阪府生まれ
NPO日本の祭りネットワーク理事/事務局長
日本の祭り研究所研究員
東日本国際大学客員教授
立命館大学客員研究員

ページ先頭へ