日本の祭り研究所

日本の祭りを旅しよう

古来日本人はすべてのものに神が宿ると考え、自然を敬い、畏れてきました。それは太古より自然の脅威にさらされ続けてきたがゆえの知恵だったのです。さらに先人は異文化も柔軟に取り入れ、日本の風土にあわせて日本独自の文化を紡いできました。
人々は故郷の思い出を胸に齢を重ねます。それは故郷の自然であり、祭りの音、食べもの、いまは亡き親の顔など、祭りにみる思い出の数々。日本の祭り文化の底流は「自然への畏敬」と「人との和」であり、「故郷への愛」なのではないでしょうか。

これは北の大地から沖縄の離島にいたるまで、私たちが現地で取材した祭りのミニルポルタージュです。祭りには現地でなければ味わえない感動や臨場感、人々の想いがあります。ぜひとも現地で祭りを体感してください。地域の人たちはきっとあなたを優しく迎えてくれるはずです。

*18年にわたる取材のため、なかには廃絶したもの、開催日が変わったものも含まれているかもしれません。必ず事前にご確認ください。

八代(やしろ)青年奉納歌舞伎

八幡宮で神事が始まり、拝殿では「養老」「高砂」「鶴亀」の小謡が唄われます。どこからか“は~じ~ま~...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

山代白羽神楽(やましろしらはかぐら)

ここは28世帯、50人ばかりの「まんが日本むかしばなし」のような集落。神楽は白羽神社で夜を徹して行わ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

三崎秋祭り

ここは四国の、大分県を望む佐田岬の先端三崎です。これは三崎の東と西の地区が牛鬼と四ツ太鼓の攻防を...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

日和佐八幡神社秋季例大祭

氏子8地区はそれぞれ山車(ちょうさ)をもち、“いっさんじゃい(勇んで行こう)”で担ぎ、“さーせーさーせー(...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

高浜七年祭

この祭りは京都「祇園祭」に起源をもつ疫病退散の御霊会(ごりょうえ)です。それは無実の罪で命を落とし...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

秋名(あきな)のアラセツ行事(ショチョガマ 平瀬マンカイ)

男たち100人ほどが山の中腹に設けられた小屋のようなショチョガマの屋根にあがり、全員が“よら、めら”と...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

見付(みつけ)天神裸祭

この祭りは2000人を超す人々の「浜垢離(はまごり)」に始まり、境内の潔斎行事「御池の清祓」、神輿の担...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

えちごせきかわ大したもん蛇まつり

越後関川村を大蛇がくねくねと地域を練ります。この祭りは地域活性化と災害の記憶を風化させないように...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

高田観光盆踊り大会(草地おどり)

大分県は盆踊りの宝庫です。「草地おどり」は豊後高田市草地特有の踊りで「レソ」「マッカセ」「ヤンソ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

うごく七夕まつり

陸前高田市の高田町内には12の祭り組があり、8地区が津波で壊滅。12台あった山車も9台が津波にもってい...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

五所川原立佞武多(たちねぷた)

立佞武多は高さ23m。ビルの5階に相当。それを曳く祭り人のなんと小さいことでしょうか。まるでガリバー...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

仁尾(にお)龍祭り

仁尾は寛政11年大干ばつ見舞われました。そこで愛媛の山中から水をもらい和蔵という修行僧に祈祷しても...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

献燈祭六月灯・科長(しなが)神社のからくり花火

「科長神社のからくり花火」は神社の境内の立木を利用して30本の麻綱を張り、そこを竹筒が火を噴射しな...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

浜崎祇園祭

唐津湾の浜崎海岸に立てば、その彼方に落ちる夕日は西方浄土を照らす灯りか。夜7時、浜崎3地区のヤマが...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

忽戸(こっと)の三番叟

江戸中期、忽戸地区大変な干ばつに見舞われ、村人は奈良の春日大社から三番叟を教わりました。忽戸でそ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

伊香(いこう)おすわ様

この祭りは20人ほどの若衆が伊香集落のおよそ120軒の家の中を駆け抜けるという奇祭。ある家で彼らの到来...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

美国(びくに)神社例大祭 天狗の火渡り

北海道、積丹半島の美国。そこは小樽の西の港町。神幸の先頭は赤い衣の天狗様と神様の道案内役の猿田彦...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

山王祭(さんのうまつり)

「山王信仰」は最澄が中国天台県にある霊山・天台山の地主神、護法神の「山王」をならったもので、日本...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

豊年祭・古堅(ふるげん)のミーミンメー

「ミーミンメー」とは「耳ン舞」のことで、ミルク(弥勒)様の福耳を意味し、幼子たちがジンナークという...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

葵祭(あおいまつり)

日本を代表する、日本最古級の祭り、「葵祭」。それは古墳時代後期の欽明天皇の時代に全国が風水害に見...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

苦田秀雄(にがたひでお)

1946年 岡山県生まれ
NPO日本の祭りネットワーク副理事長
日本の祭り研究所所長
東日本国際大学客員教授

加藤正明(かとうまさあき)

1956年 大阪府生まれ
NPO日本の祭りネットワーク理事/事務局長
日本の祭り研究所研究員
東日本国際大学客員教授
立命館大学客員研究員

ページ先頭へ