日本の祭り研究所

日本の祭りを旅しよう

古来日本人はすべてのものに神が宿ると考え、自然を敬い、畏れてきました。それは太古より自然の脅威にさらされ続けてきたがゆえの知恵だったのです。さらに先人は異文化も柔軟に取り入れ、日本の風土にあわせて日本独自の文化を紡いできました。
人々は故郷の思い出を胸に齢を重ねます。それは故郷の自然であり、祭りの音、食べもの、いまは亡き親の顔など、祭りにみる思い出の数々。日本の祭り文化の底流は「自然への畏敬」と「人との和」であり、「故郷への愛」なのではないでしょうか。

これは北の大地から沖縄の離島にいたるまで、私たちが現地で取材した祭りのミニルポルタージュです。祭りには現地でなければ味わえない感動や臨場感、人々の想いがあります。ぜひとも現地で祭りを体感してください。地域の人たちはきっとあなたを優しく迎えてくれるはずです。

*18年にわたる取材のため、なかには廃絶したもの、開催日が変わったものも含まれているかもしれません。必ず事前にご確認ください。

浜比嘉島(はまひがじま)神々の祭り

ここは琉球開祖のアマミチューとシルミチューという神が降臨したとされる島。琉球の歴史の起点です。こ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

白石踊

この踊りは源平の時代、寿永2年の源平の水島合戦の死者を弔うために始められたといいます。踊りは「男踊...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

新庄まつり

これは未曽有の飢饉によって打ちひしがれた領民を奮い立たせるために藩主が始めた祭り。その飢饉がいか...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

津久見(つくみ)扇子踊り

「津久見扇子踊り」はかつてこの地を治めていた大友宗麟が島津との戦で多くの民や兵を失い、それを弔う...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

表児(ひょうこ)の米

「表児の米」の名の由来は、神様に感謝し、志を表す「表志」からきたのではないかという説が有力。この...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

掛川大祭(おおまつり)

掛川祭は掛川市中心部にある7つの神社、41氏子町の合同祭礼で、大祭は3年に1度行われます。7つの神社の...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

勝岡八幡神社一体走り

10月7日、秋季例大祭の早朝、ここは松山市北部に鎮座する勝岡八幡神社。白い衣に身を包んだ若者らに担が...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

門僕(かどふさ)神社秋祭り (曽爾の獅子舞)

曽爾(そに)村は幾多の伝説や、ススキが生い茂る曽爾高原など、ロマン尽きない関西の秘境。伊勢から出雲...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

山北のお峯入(みねい)り

古代、神は山に降臨するとされ、修験者たちは山中で霊験を得、呪術を習得しました。この祭りはその修験...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

花祭り

冬に向かう時期は自然が衰弱するため、「花祭り」は魂の復活を祈願するものです。そこには多くの鬼が登...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

奇習・鬼追い

鬼の概念は6世紀頃中国から伝わり、かつてそれは邪悪な存在ではなかったとされます。人間が亡くなること...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

藤木道祖神祭り

これは地域に厄災が入ってくるのを防ぐ道祖神の祭り。藤木3地区の若者が大太鼓に乗って歌舞伎を演じるの...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

睦月神事(むつきしんじ)

これは800年の伝統をもつ、中世の様式が残る学術的な価値が極めて高い神事芸能です。一連の舞は稲づくり...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

牛深(うしぶか)ハイヤ祭り

牛深に伝わる「ハイヤ節」の「ハイヤ」は、南風を「ハエ」といい、それが訛ったものとされます。牛深は...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

大鹿(おおしか)歌舞伎

紅白の桃の花が咲き乱れ、芝桜は紅(くれない)の絨毯。村のすぐ後ろには雪を戴いた赤石岳。ここは信州伊...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

相模国府祭(さがみこうのまち)

この祭りの呼称は「相模国府祭」と書いて(さがみこうのまち)と読みます。「祭」を「まち」と読むのは古...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

お旅まつり

この祭りの見どころは、金箔と漆で装飾された豪華絢爛な曳山と子供歌舞伎です。「お旅まつり」の名の由...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

三条祭り

これは江戸時代、第6代村上藩主の内藤信敦が京都所司代に任ぜられたのを契機に始めた祭り。元来京都所司...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

壬生(みぶ)の花田植

この祭りは鎌倉時代、西日本一帯に誕生した、苦しい田植作業を囃しながら行うという風習が起源。牛飼い...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

潮かけ祭り

この祭りは旧暦6月1日に市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)が志摩の大島に里帰りするのを祝い、海女や...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

苦田秀雄(にがたひでお)

1946年 岡山県生まれ
NPO日本の祭りネットワーク副理事長
日本の祭り研究所所長
東日本国際大学客員教授

加藤正明(かとうまさあき)

1956年 大阪府生まれ
NPO日本の祭りネットワーク理事/事務局長
日本の祭り研究所研究員
東日本国際大学客員教授
立命館大学客員研究員

ページ先頭へ