日本の祭り研究所

日本の祭りを旅しよう

古来日本人はすべてのものに神が宿ると考え、自然を敬い、畏れてきました。それは太古より自然の脅威にさらされ続けてきたがゆえの知恵だったのです。さらに先人は異文化も柔軟に取り入れ、日本の風土にあわせて日本独自の文化を紡いできました。
人々は故郷の思い出を胸に齢を重ねます。それは故郷の自然であり、祭りの音、食べもの、いまは亡き親の顔など、祭りにみる思い出の数々。日本の祭り文化の底流は「自然への畏敬」と「人との和」であり、「故郷への愛」なのではないでしょうか。

これは北の大地から沖縄の離島にいたるまで、私たちが現地で取材した祭りのミニルポルタージュです。祭りには現地でなければ味わえない感動や臨場感、人々の想いがあります。ぜひとも現地で祭りを体感してください。地域の人たちはきっとあなたを優しく迎えてくれるはずです。

*18年にわたる取材のため、なかには廃絶したもの、開催日が変わったものも含まれているかもしれません。必ず事前にご確認ください。

桑名石取祭(くわな いしとりまつり)

これは桑名市内を流れる町屋川の石を集めて春日神社に奉納するという珍しい祭りです。祭り本楽(ほんがく...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

焼津神社大祭 荒祭

この祭りの四大神役は「御神子(いちっこ)」「猿田彦」「流鏑馬」「御供奉」で、それぞれがハレの日に向...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

箱根強羅(ごうら)夏まつり大文字焼き

箱根強羅の明星ヶ岳の斜面に巨大な「大」の文字が浮びます。これは大正9年、まだ皇太子殿下だった昭和天...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

本場 鶴崎踊大会

“来ませ見せましょ鶴崎踊 いずれ劣らぬ花ばかり”この踊りは永禄3年に始まったとされます。当時豊後の領...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

片貝(かたかい)まつり (浅原神社秋季例大祭奉納大煙火)

“お父さん、天国でやすらかに”など、ひとりひとりの想いの言葉をのせて花火があがります。これは花火に...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

谷地(やち)どんがまつり

かつてこの祭りは舞楽の笛と太鼓の音を表した「オヒャラドンガの祭り」とよばれていました。「オヒャラ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

お熊甲祭(くまかぶとまつり)

この祭りは中島地区19の神社の神霊が年に一度、久麻加夫都阿良比加志比古(くまかぶとあらひかしひこ)神...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

八女(やめ)福島の燈籠人形

祭りは福島八幡宮の「放生会(ほうじょうえ)」に人形を奉納したことに始まります。からくり人形を演じる...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

穂高神社例祭御船祭

安曇野は古代北九州に勢力をもち、海運を司っていた安曇族に由来する名前です。この祭りが行われる9月27...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

吉浦カニ祭り

呉市はあの戦艦大和が建造されたところ。その造船所の上の高台に吉浦八幡神社が鎮座。祭りの期間各地区...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

龍勢祭(りゅうせいまつり)

龍勢とは手作りロケットで、櫓(やぐら)から轟音を挙げて天空に飛び立つさまが龍の昇天に似ていることか...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

河尻神宮秋季大祭

これは800年以上の歴史をもつ祭りで、その中核は流鏑馬です。射手は「やぶさん」と呼ばれます。それは輪...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

屯宮祭(とんぐうさい)

毎年10月には全国の神様が出雲にいってしまうため、伊福ではその間地域を守るに6地区から6人の男性が神...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

菊間祭 お供馬(ともうま)の走り込み

この祭りで驚くのは小・中学生たちが馬で疾走すること。加茂神社の鳥居から参道を一直線に走り、最後は...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

五王(ごおう)神社 秋の大祭

五王神社脇の農村舞台で人形浄瑠璃「傾城(けいせい)阿波(あわ)の鳴門(なると)巡礼歌(じゅんれいうた)の...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

種子取祭(たなどぅい)

最も沖縄らしい景観が残る竹富島は国の重要伝統的建造物群保存地区に指定。この祭りは島の主産物の粟の...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

尾末(おずえ)神社大祭

尾末、上納屋、下納屋の若者らが囃(はや)します。“尾末の青年に勢いを”とくれば、“世界の果てまで輝かせ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

新野(にいの)の雪祭り

これは舞の所作も古(いにしえ)の伝統がよく残されており、文化的な価値が極めて高い舞です。神事の核は...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

師走祭り

天智天皇2年(663)の白村江(はくすきのえ)の戦いで唐・新羅連合軍に敗れた百済王とその家族は日本を頼っ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

野見(のみ)の潮(しお)ばかり

これは小正月の行事で、海の竜神に海上安全を祈るために始められたと伝えられます。「しおばかり」は「...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

苦田秀雄(にがたひでお)

1946年 岡山県生まれ
NPO日本の祭りネットワーク副理事長
日本の祭り研究所所長
東日本国際大学客員教授

加藤正明(かとうまさあき)

1956年 大阪府生まれ
NPO日本の祭りネットワーク理事/事務局長
日本の祭り研究所研究員
東日本国際大学客員教授
立命館大学客員研究員

ページ先頭へ