日本の祭り研究所

日本の祭りを旅しよう

古来日本人はすべてのものに神が宿ると考え、自然を敬い、畏れてきました。それは太古より自然の脅威にさらされ続けてきたがゆえの知恵だったのです。さらに先人は異文化も柔軟に取り入れ、日本の風土にあわせて日本独自の文化を紡いできました。
人々は故郷の思い出を胸に齢を重ねます。それは故郷の自然であり、祭りの音、食べもの、いまは亡き親の顔など、祭りにみる思い出の数々。日本の祭り文化の底流は「自然への畏敬」と「人との和」であり、「故郷への愛」なのではないでしょうか。

これは北の大地から沖縄の離島にいたるまで、私たちが現地で取材した祭りのミニルポルタージュです。祭りには現地でなければ味わえない感動や臨場感、人々の想いがあります。ぜひとも現地で祭りを体感してください。地域の人たちはきっとあなたを優しく迎えてくれるはずです。

*18年にわたる取材のため、なかには廃絶したもの、開催日が変わったものも含まれているかもしれません。必ず事前にご確認ください。

六郷のカマクラ

この祭りの流れは正月に子供たちが「天筆(てんぴつ)書初め」で半紙に願いごとを書いて青竹に吊して玄関...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

鉤(かぎ)引き祭

南国に春を呼ぶ祭りです。祭り当日、山から伐りだした御神木を雄鉤(おかぎ)、女鉤(めかぎ)として結合し...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

岩国 行波(ゆかば)の神舞(かんまい)

この神楽の足運びは地霊を鎮めるすり足の「反閇(へんばい)」が中心です。最も人気のある座は「八関(はっ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

宮原浅間神社春季例大祭

新緑萌える甲斐路。色鮮やかに飾られた山車が目に飛び込んできます。女装の男性、山車に描かれた木花咲...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

厳島神社本開帳

大浦の人々は厳島神社の弁天様を大漁・航海安全・財宝の神として手厚く祀ってきました。その本開帳が60...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

檜枝岐(ひのえまた)歌舞伎

ここは福島県から尾瀬への玄関口。かつてこの村は貧しく、伊勢詣をするにも皆がお金を蓄え、代表者1人が...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

伏木曳山祭

伏木地区6町の曳山は、昼は「花山車(はなやま)」として優美に町を練り、夜は「提灯山」に姿を変え、地区...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

相生(あいおい)ペーロン祭

紀元前300年、楚の宰相だった屈原は懐王の補佐役として善政を行っていました。しかし讒言(ざんげん)で政...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

白髭(しらひげ)神社ほんまつり

この祭りは東向島の図子とよばれる地域割の単位で運営されています。図子とは大路と大路をむすぶ小路を...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

椿山(つばやま)の虫送り

椿山は日本でもっとも最近まで焼き畑農業が行われてきた集落です。住民は老人ひとり(2018年現在)。祭り...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

高浜七年祭

この祭りは京都「祇園祭」に起源をもつ疫病退散の御霊会(ごりょうえ)です。それは無実の罪で命を落とし...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

皇子神社船祭り

だんじりが皇子神社を出て急な石段を降りてきます。屈強な若者がゆっくりと時間をかけて運びます。その...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

くりこま山車まつり

元禄7年、鶴丸城主となった中村成義公は、かつて自らが治めていた岩手県一関藤沢の「新田の早苗振り」を...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

早池峰(はやちね)神社例大祭

早池峰神楽とは早池峰神社に奉納する岳神楽と、大償(おおつぐない)神社奉納の大償神楽の総称で、能が大...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

桑名石取祭

これは桑名市内を流れる町屋川の石を集めて春日神社に奉納するという珍しい祭りです。祭り本楽(ほんがく...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

焼津神社大祭 荒祭

この祭りの四大神役は「御神子(いちっこ)」「猿田彦」「流鏑馬」「御供奉」で、それぞれがハレの日に向...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

箱根強羅(ごうら)夏まつり大文字焼き

箱根強羅の明星ヶ岳の斜面に巨大な「大」の文字が浮びます。これは大正9年、まだ皇太子殿下だった昭和天...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

本場 鶴崎踊大会

“来ませ見せましょ鶴崎踊 いずれ劣らぬ花ばかり”この踊りは永禄3年に始まったとされます。当時豊後の領...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

片貝まつり (浅原神社秋季例大祭奉納大煙火)

“お父さん、天国でやすらかに”など、ひとりひとりの想いの言葉をのせて花火があがります。これは花火に...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

谷地(やち)どんがまつり

かつてこの祭りは舞楽の笛と太鼓の音を表した「オヒャラドンガの祭り」とよばれていました。「オヒャラ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

苦田秀雄(にがたひでお)

1946年 岡山県生まれ
NPO日本の祭りネットワーク副理事長
日本の祭り研究所所長
東日本国際大学客員教授

加藤正明(かとうまさあき)

1956年 大阪府生まれ
NPO日本の祭りネットワーク理事/事務局長
日本の祭り研究所研究員
東日本国際大学客員教授
立命館大学客員研究員

ページ先頭へ