日本の祭り研究所

日本の祭りを旅しよう

古来日本人はすべてのものに神が宿ると考え、自然を敬い、畏れてきました。それは太古より自然の脅威にさらされ続けてきたがゆえの知恵だったのです。さらに先人は異文化も柔軟に取り入れ、日本の風土にあわせて日本独自の文化を紡いできました。
人々は故郷の思い出を胸に齢を重ねます。それは故郷の自然であり、祭りの音、食べもの、いまは亡き親の顔など、祭りにみる思い出の数々。日本の祭り文化の底流は「自然への畏敬」と「人との和」であり、「故郷への愛」なのではないでしょうか。

これは北の大地から沖縄の離島にいたるまで、私たちが現地で取材した祭りのミニルポルタージュです。祭りには現地でなければ味わえない感動や臨場感、人々の想いがあります。ぜひとも現地で祭りを体感してください。地域の人たちはきっとあなたを優しく迎えてくれるはずです。

*18年にわたる取材のため、なかには廃絶したもの、開催日が変わったものも含まれているかもしれません。必ず事前にご確認ください。

天津司舞(てんづしのまい)

この祭りは9体の天津神が諏訪神社に御幸して神遊舞奉納の神事をするもの。桜吹雪のなか、小瀬の田園地帯...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

青柴垣(あおふしがき)神事

「青柴垣神事」は「国譲り神話」の再現です。湯川秀樹博士はこれを“日本の精神が凝縮した祭り”と評しま...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

糸魚川(いといがわ)けんか祭り

この祭りは糸魚川市の押上と寺町地区が豊作と豊漁を祈るもの。境内を練っていた2基の神輿が拝殿の周りを...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

川名津柱松(かわなつ はしらまつ)神事

一般的に「柱松」とは、盆や七夕のときに広場に巨大な柱を立て、頂上に御幣や榊を挿し、それに点火する...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

大國魂(おおくにたま)神社例大祭くらやみ祭

この祭りは江戸祭祀の渡御の原点とされます。祭りは4月30日の品川沖での「海上祓式(かいじょうはらいし...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

あばれ祭り

寛文年間この地方に「泥棒風」という疫病が流行し、多くの死者が出ました。そこで桜井源五が京都の八坂...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

綾部神社の風神祭

7月15日、3人の旗揚げ人によって綾部神社境内の銀杏の御神木の天辺(てっぺん)に真竹が立てられ、神旗が...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

鳩間島(はとまじま)豊年祭

飛行機で那覇空港乗り換え石垣島へ。そこからは船。鳩間島は台北より南。これは文化混合の祭りです。本...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

日田(ひた)祇園祭

京都の祇園祭は疫病退散封じで誕生し、全国それぞれの地域もこの祭りを取り入れました。「日田祇園祭」...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

真鶴(まなづる)貴船(きぶね)まつり

ここは真鶴半島三ツ石。7月27日の朝10時、東西の小早船が真鶴湾に進水。お仮殿前の岸壁には神輿船が囃子...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

山鹿(やまが)灯籠まつり

日本武尊(やまとたける)の父とされる第12代景行天皇は隼人征伐に西下。道中、一行は山鹿に入り、霧に行...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

花輪ばやし

花輪囃子の起源は平安時代にあります。「二本滝」「宇現響」「鞨鼓(かっこ)」「霧囃子」は平安時代、「...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

東河原 樺八幡神社秋季大祭 鉾出(ほこだし)神事

この祭りの由来は応仁天皇の母である神功皇后の三韓征伐や、豊臣秀吉の朝鮮出兵の際の戦勝記念としてそ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

藤枝大祭(おおまつり)

この祭りは長唄・三味線・お囃子に合わせて踊る地踊りとしては日本最大の規模。藤枝14の街の参加です。...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

さぬき豊浜ちょうさ祭

お旅所の一宮公園に「ちょうさ(太鼓台)」が次々と入場。秋の陽光を受けたそれはまさに豪華絢爛。“ちょう...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

室根神社特別大祭

この祭りの実行は「神役(じんやく)」と呼ばれる氏子たちがそれぞれの役を分担。その全体像は宮司すら知...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

山之口弥五郎(やごろう)どん祭り

大和朝廷は隼人族を国の枠組に組み入れるべく、八幡神を掲げて武力で制圧。その後、南九州一帯に疫病が...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

日本三大火祭り・須賀川の松明(たいまつ)あかし

文安元年、鎌倉から二階堂為氏が須賀川(すかがわ)に下向し、須賀川二階堂氏の初代当主となりました。そ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

御神幸(ごじんこう)祭(裸坊祭)

菅原道真は失意のもとに都を追われ、瀬戸内海を西下。太宰府までの船旅、一行は周防の国の勝間の浦に到...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

茅原(ちはら)の大とんど

この祭りは西暦700年ごろ、地域が凶作や悪疫に悩まされていたことに起源をもちます。文武天皇の夢枕に現...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

苦田秀雄(にがたひでお)

1946年 岡山県生まれ
NPO日本の祭りネットワーク副理事長
日本の祭り研究所所長
東日本国際大学客員教授

加藤正明(かとうまさあき)

1956年 大阪府生まれ
NPO日本の祭りネットワーク理事/事務局長
日本の祭り研究所研究員
東日本国際大学客員教授
立命館大学客員研究員

ページ先頭へ