日本の祭り研究所

日本の祭りを旅しよう

古来日本人はすべてのものに神が宿ると考え、自然を敬い、畏れてきました。それは太古より自然の脅威にさらされ続けてきたがゆえの知恵だったのです。さらに先人は異文化も柔軟に取り入れ、日本の風土にあわせて日本独自の文化を紡いできました。
人々は故郷の思い出を胸に齢を重ねます。それは故郷の自然であり、祭りの音、食べもの、いまは亡き親の顔など、祭りにみる思い出の数々。日本の祭り文化の底流は「自然への畏敬」と「人との和」であり、「故郷への愛」なのではないでしょうか。

これは北の大地から沖縄の離島にいたるまで、私たちが現地で取材した祭りのミニルポルタージュです。祭りには現地でなければ味わえない感動や臨場感、人々の想いがあります。ぜひとも現地で祭りを体感してください。地域の人たちはきっとあなたを優しく迎えてくれるはずです。

*18年にわたる取材のため、なかには廃絶したもの、開催日が変わったものも含まれているかもしれません。必ず事前にご確認ください。

磯部の御神田(おみた)

この祭りのある伊雑宮(いぞうのみや)は伊勢神宮内宮の別宮で、神事はお宮の御神田を中心に行われます。...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

久喜提燈祭り『天王様』

ここに来てまず耳にするのがお囃子です。それは他に類をみないテンポの良さ、小気味いいもの。地元では...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

海南神社夏の例大祭

三浦半島先端の三崎の町を30mもの巨大な行道獅子(ぎょうどうじし)が神輿を先導して練ります。道中、商店...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

水無(すいむ)神社例大祭 みこしまくり

掛け声は「惣助と幸助」の意味。平安時代の戦乱で、岐阜県高山市にある水(み)無(なし)神社に火が放たれ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

日向ひょっとこ夏祭り

その日、日向市は2000人ものひょっとこで真っ赤に染まります。「ひょっとこ」の語源は「火男」で、それ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

数方庭祭(すほうていさい)

第14代仲哀天皇を新羅の総大将・塵輪(じんりん)が攻めてきました。天皇は自ら弓をとり、塵輪を倒し、屍...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

根子番楽(ねっこばんがく)

番楽とは東北地方に分布する山伏神楽で、火伏せや悪魔祓いの祈祷のことです。この番楽は根子集落に源氏...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

根知山寺の延年~おててこ舞~

「遐令延年(かれいえんねん)」とは齢を延ぶるということで、芸能で心を和らげて長生きをしようという目...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

中里の火の花祭り

古来、富士山は神の宿る山として崇められてきました。その信仰は「富士講」という組織をつくり、幾多の...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

山中諏訪神社 安産祭り

9月5日、標高1000mの山中湖畔はすでに秋。若い男女が前の人の肩に手をのせて“よいよい よいさ”と行儀よ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

獅子加那志(しーしがなし)豊年祭

「加那志」の意味は「尊ぶ」の尊敬語とか。この祭りの主役は獅子で、志多伯(したはく)の守護神。それは...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

上総(かずさ)十二社祭り

古事記によれば、むかし九十九里浜釣ヶ崎の海岸に玉依姫命(たまよりひめのみこと)が上陸。この祭りはそ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

岩手・三陸 山田祭

東日本大震災から3年半後の9月14日、照明に照らされる神輿につく若者の顔ははじけ、泣き、茫然無我の顔...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

西尾山八幡神社例祭

この祭りで舞われる美土里神楽は境内の「舞殿(まいどの)」で黒滝神楽団の「神おろし」に始まり、天神神...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

古要舞(こようまい)と神相撲

古要神社の名前は古くは「古表社」と表記され、「古きを表す」の意。それは奈良時代に豊前国が隼人族を...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

近津(ちこうづ)火ノ神まつり

夕方、鹿嶋宮で素朴な神楽が終わりました。そのあと宮司が神火を採火し、境内に積んである椎の木の切り...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

春日神社秋季大祭

この祭りは囃子が小太鼓と大太鼓だけです。そのシンプルなリズムが祭りに勢いを与えます。何といっても...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

富士宮まつり・秋宮

この祭りは富士山の雪解け水で農業や林業、製紙業に従事する人々が秋の実りに感謝するもの。霊峰富士を...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

山北の棒踊り

今から300年ほど前、領主の山内規重(のりしげ)は蟄居(ちっきょ)を命じられます。そこで家臣が暇つぶしに...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

五十猛(いそたけ)のグロ

これは小正月に「グロ」という円錐形の大きな仮屋を浜に作り、「歳徳神」を迎えて豊漁や無病息災を祈る...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

苦田秀雄(にがたひでお)

1946年 岡山県生まれ
NPO日本の祭りネットワーク副理事長
日本の祭り研究所所長
東日本国際大学客員教授

加藤正明(かとうまさあき)

1956年 大阪府生まれ
NPO日本の祭りネットワーク理事/事務局長
日本の祭り研究所研究員
東日本国際大学客員教授
立命館大学客員研究員

ページ先頭へ