日本の祭り研究所

日本の祭りを旅しよう

古来日本人はすべてのものに神が宿ると考え、自然を敬い、畏れてきました。それは太古より自然の脅威にさらされ続けてきたがゆえの知恵だったのです。さらに先人は異文化も柔軟に取り入れ、日本の風土にあわせて日本独自の文化を紡いできました。
人々は故郷の思い出を胸に齢を重ねます。それは故郷の自然であり、祭りの音、食べもの、いまは亡き親の顔など、祭りにみる思い出の数々。日本の祭り文化の底流は「自然への畏敬」と「人との和」であり、「故郷への愛」なのではないでしょうか。

これは北の大地から沖縄の離島にいたるまで、私たちが現地で取材した祭りのミニルポルタージュです。祭りには現地でなければ味わえない感動や臨場感、人々の想いがあります。ぜひとも現地で祭りを体感してください。地域の人たちはきっとあなたを優しく迎えてくれるはずです。

*18年にわたる取材のため、なかには廃絶したもの、開催日が変わったものも含まれているかもしれません。必ず事前にご確認ください。

伊作(いざく)太鼓踊

祭りは応永3年、伊作島津家4代島津久義公が二階堂行貞との戦に勝利したときの歓喜の踊りが起源とか。神...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

鐘踊り

この祭りは長曽我部に滅ぼされた領主・大西備中守元武を慰霊するために始められたもの。踊りの一団が猿...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

八朔祭(はっさくさい)(ふるさと時代祭り)

この祭りの大名行列はかつて都留を治めていた秋元但馬守が川越藩に転封した際、都留の下天神町に参勤交...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

花巻まつり

市内中心部のお祭り広場で20もの鹿踊(ししおどり)団体が踊りを繰り広げます。アセチレンの照明に輝く12...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

橘のケンカだんじり

この祭りは4地区のだんじりをぶつけあうのがハイライトで、それは江戸後期にだんじり同士の笹が触れあっ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

志賀海神社の御神幸祭

ここは漢倭奴国王の金印が発見された福岡市志賀島。海洋民族阿曇族の故郷です。夕刻志賀海神社にまった...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

針道のあばれ山車

天明8年大雨が続き、祭りで山車をだすのが待ちきれなくなった若者が我慢しきれずに山車の衣を外した際、...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

興津(おきつ)八幡宮秋季大祭

四万十町興津は中村街道からくねくねと細い急坂を下りきった太平洋岸の古い港町。沿岸に沿って走る道は...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

勝山喧嘩だんじり

勝山はかつて三浦藩が統治した岡山県北の城下町。旭川沿いの家々にかけられた暖簾(のれん)が風に揺れ、...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

お法使祭(ほしまつり)

これは阿蘇山の麓の12の集落を年1回、リレー式に神様が旅をするという祭り。それぞれの集落には神様がい...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

室生神社の流鏑馬

この祭りの神事は念が入っていて、お祓いの「流鏑馬開始の式」、垢離(こり)取(とり)場での清め「垢離取...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

庄内神楽祭り

ここ湯布院は庄内神楽や由布院神楽など、神楽の里です。地元の人たちは言います。“庄内に神楽が降ってき...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

西大寺会陽(さいだいじえよう)

この祭りは修正会結願(しゅじょうえけちがん)の行事で、室町時代に住職の忠阿上人(ちゅうあしょうにん)...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

佐多の御崎(みさき)祭り

ここは九州最南端の佐多岬。祭りは御崎神社の妹神が近津宮の姉神に新年の挨拶に行くもので、神様は道中2...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

黒森歌舞伎

住民は言います。“黒森には芝居の虫が棲みついていて、雪が降ると騒ぎだす”と。これは日枝神社へ奉納神...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

とんばんさん

「とんばんさん」とは遠見(とうみ)番所(ばんしょ)が訛ったもので、難破船や外国船を見張るために高台に...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

和久利壬生狂言

狂言とは猿楽をベースに室町時代に発生した無言笑劇であり、和久利には京都壬生寺の狂言が伝わったとさ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

青柏祭(せいはくさい)

コマの重さが1輪2t、計8t。ヤマの高さ12m、総重量20t。これぞ日本一のでかヤマ。「青柏祭」とは青い柏(...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

藤森祭 駆馬(かけうま)神事

今や地球上でこのような技を見せるのはこことモンゴルの一部といいます。藤森神社の参道馬場で手綱潜り...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

大山寺御幸(みゆき)

この御幸の先頭にある炎は天台宗比叡山延暦寺の根本中堂で1200年にわたって燃え続ける火を分火したもの...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

苦田秀雄(にがたひでお)

1946年 岡山県生まれ
NPO日本の祭りネットワーク副理事長
日本の祭り研究所所長
東日本国際大学客員教授

加藤正明(かとうまさあき)

1956年 大阪府生まれ
NPO日本の祭りネットワーク理事/事務局長
日本の祭り研究所研究員
東日本国際大学客員教授
立命館大学客員研究員

ページ先頭へ