日本の祭り研究所

日本の祭りを旅しよう

古来日本人はすべてのものに神が宿ると考え、自然を敬い、畏れてきました。それは太古より自然の脅威にさらされ続けてきたがゆえの知恵だったのです。さらに先人は異文化も柔軟に取り入れ、日本の風土にあわせて日本独自の文化を紡いできました。
人々は故郷の思い出を胸に齢を重ねます。それは故郷の自然であり、祭りの音、食べもの、いまは亡き親の顔など、祭りにみる思い出の数々。日本の祭り文化の底流は「自然への畏敬」と「人との和」であり、「故郷への愛」なのではないでしょうか。

これは北の大地から沖縄の離島にいたるまで、私たちが現地で取材した祭りのミニルポルタージュです。祭りには現地でなければ味わえない感動や臨場感、人々の想いがあります。ぜひとも現地で祭りを体感してください。地域の人たちはきっとあなたを優しく迎えてくれるはずです。

*18年にわたる取材のため、なかには廃絶したもの、開催日が変わったものも含まれているかもしれません。必ず事前にご確認ください。

弥彦燈籠まつり

欅(けやき)の大枝を子どもらが曳き走って街の通りを清めます。「おけやきひき」です。続いて神社から氏...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

能登島(のとじま)向田(こうだ)の火祭

この祭りは夏越(なごし)*または虫送り*の行事が起源とされます。ご神木の大松明の芯になるのは樹齢60年...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

牛越祭(うしごえまつり)

祭りのハイライトは牛のハイジャンプです。神社境内に設けられた高さ50㎝の丸太棒を跳ぶという奇祭。そ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

下田八幡神社例大祭(下田太鼓祭り)

この祭りは金幣の地域巡行から始まります。それは神徳を地域にあまねく広めるため。神幸は猿田彦を先頭...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

月の輪神事

ここは神話の故郷出雲。「出雲風土記」に天武天皇3年(674)、安来郷の語臣猪麻呂(かたりのおみいまろ)の...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

式年鳥居木曳祭(しきねん とりいぎ ひきさい)

これは20年に一度行われる天津神明宮の鳥居の建て替え行事で、伊勢神宮の式年遷宮にならって遷宮にかえ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

伊作(いざく)太鼓踊

祭りは応永3年、伊作島津家4代島津久義公が二階堂行貞との戦に勝利したときの歓喜の踊りが起源とか。神...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

鐘踊り

この祭りは長曽我部に滅ぼされた領主・大西備中守元武を慰霊するために始められたもの。踊りの一団が猿...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

八朔祭(はっさくさい)(ふるさと時代祭り)

この祭りの大名行列はかつて都留を治めていた秋元但馬守が川越藩に転封した際、都留の下天神町に参勤交...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

花巻まつり

市内中心部のお祭り広場で20もの鹿踊(ししおどり)団体が踊りを繰り広げます。アセチレンの照明に輝く12...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

橘(たちばな)のケンカだんじり

この祭りは4地区のだんじりをぶつけあうのがハイライトで、それは江戸後期にだんじり同士の笹が触れあっ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

志賀海(しかうみ)神社の御神幸祭

ここは漢倭奴国王の金印が発見された福岡市志賀島。海洋民族阿曇族の故郷です。夕刻志賀海神社にまった...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

針道(はりみち)のあばれ山車(だし)

天明8年大雨が続き、祭りで山車をだすのが待ちきれなくなった若者が我慢しきれずに山車の衣を外した際、...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

興津(おきつ)八幡宮(はちまんぐう)秋季大祭

四万十町興津は中村街道からくねくねと細い急坂を下りきった太平洋岸の古い港町。沿岸に沿って走る道は...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

勝山喧嘩だんじり

勝山はかつて三浦藩が統治した岡山県北の城下町。旭川沿いの家々にかけられた暖簾(のれん)が風に揺れ、...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

お法使祭(ほしまつり)

これは阿蘇山の麓の12の集落を年1回、リレー式に神様が旅をするという祭り。それぞれの集落には神様がい...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

室生神社の流鏑馬(やぶさめ)

この祭りの神事は念が入っていて、お祓いの「流鏑馬開始の式」、垢離(こり)取(とり)場での清め「垢離取...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

庄内神楽祭り

ここ湯布院は庄内神楽や由布院神楽など、神楽の里です。地元の人たちは言います。“庄内に神楽が降ってき...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

西大寺会陽(さいだいじえよう)

この祭りは修正会結願(しゅじょうえけちがん)の行事で、室町時代に住職の忠阿上人(ちゅうあしょうにん)...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

佐多の御崎(みさき)祭り

ここは九州最南端の佐多岬。祭りは御崎神社の妹神が近津宮の姉神に新年の挨拶に行くもので、神様は道中2...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

苦田秀雄(にがたひでお)

1946年 岡山県生まれ
NPO日本の祭りネットワーク副理事長
日本の祭り研究所所長
東日本国際大学客員教授

加藤正明(かとうまさあき)

1956年 大阪府生まれ
NPO日本の祭りネットワーク理事/事務局長
日本の祭り研究所研究員
東日本国際大学客員教授
立命館大学客員研究員

ページ先頭へ