日本の祭り研究所

日本の祭りを旅しよう

古来日本人はすべてのものに神が宿ると考え、自然を敬い、畏れてきました。それは太古より自然の脅威にさらされ続けてきたがゆえの知恵だったのです。さらに先人は異文化も柔軟に取り入れ、日本の風土にあわせて日本独自の文化を紡いできました。
人々は故郷の思い出を胸に齢を重ねます。それは故郷の自然であり、祭りの音、食べもの、いまは亡き親の顔など、祭りにみる思い出の数々。日本の祭り文化の底流は「自然への畏敬」と「人との和」であり、「故郷への愛」なのではないでしょうか。

これは北の大地から沖縄の離島にいたるまで、私たちが現地で取材した祭りのミニルポルタージュです。祭りには現地でなければ味わえない感動や臨場感、人々の想いがあります。ぜひとも現地で祭りを体感してください。地域の人たちはきっとあなたを優しく迎えてくれるはずです。

*18年にわたる取材のため、なかには廃絶したもの、開催日が変わったものも含まれているかもしれません。必ず事前にご確認ください。

八雲神社春季例大祭

これは稲荷神社に合祀されている八雲神社の祭礼で、阿蘇神社、五ノ神社、神明神社、玉川神社、松本神社...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

小迫(おばさま)の延年(えんねん)

「延年舞」は寺院芸能のひとつで、舞うことによって長寿を寿(ことほ)ぎ祈る芸能です。「小迫の延年」は...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

八戸えんぶり

えんぶりとは「朳」と書き、田畑をならす農具の柄振り棒で、稲作の伝来とともに中国の江南地方から伝わ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

川を渡るぼんでん

赤・黄・青色の飾りをつけた「ぼんでん」が町内をまわって雄物川に。大仙市大曲(おおまがり)花館地区の...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

子泣き相撲

“さあ さあ さあ 泣いたら勝ちよ はっけよい のこった”。行事の差配で母親の膝に抱かれた赤ん坊が鉢巻を...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

大磯の左義長(さぎちょう)

左議長のいわれは厄病神や一つ目小僧などが12月8日に現れ、村人の1年間のおこないを帳面につけて帰りま...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

芦ノ尻道祖神(どうそじん)まつり

道祖神は芦ノ尻(あしのしり)集落の山肌を縫う県道沿いにあります。それは石碑に正月の飾りをつけたもの...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

山の神祭り

この祭りは神社ができる以前の祭りの形を残すものとして貴重。当屋宅を出た御神幸は神事の行われる渓谷...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

鳥羽の火祭り

大松明に火が放たれ、ネコと呼ばれる奉仕者たちが梯子を登ってガンガンそれを揺すります。火の粉が飛び...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

米川(よねかわ)の水かぶり

これは火伏せの行事で、近辺には多くの火防祭があります。祭りの日の朝、五日町地区の男たちが「水かぶ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

糸崎『仏舞(ほとけまい)』

糸崎寺から日本海を眺めれば亀島が望まれます。伝承によればそこに大亀に乗った観音様が現れたため、天...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

出町(でまち)子供歌舞伎曳山祭り

出町には西町・中町・東町があり、祭りではその3町が輪番制で子供歌舞伎を奉納するきまりになっています...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

大凧あげ祭り

ゴールデンウイーク真っ只中のここは春日部市の江戸川河川敷。170年の歴史をもつ凧揚げです。これは江戸...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

小国(おぐに)・小玉川『熊まつり』

ここは山形県の最南、小国町小玉川地区。40戸、110人ほどが暮らす山里です。これは山衆(マタギ)による熊...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

神田祭

東京外神田108町の神輿が行列を従えて延々30㎞にわたって都心を練り歩きます。神幸は神幸旗・鼻高面・神...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

聖衆(しょうじゅう)来迎(らいこう)練供養(ねりくよう)会式(えしき)

今から1015年むかし、悲運の中将姫は29歳で他界。これは姫が西方極楽浄土に旅立つ姿の再現なのです。娑...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

糸満(いとまん)ハーレー

糸満ハーレーの銅鑼が鳴ると沖縄の梅雨が明けるといいます。この祭りは糸満の海人が航海の安全と、大漁...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

太田山神社例大祭

ここははるか北海道奥尻島を望む最果ての港町。太田神社の本殿は海からそそり立つ標高485mの断崖絶壁の...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

沼名前(ぬなくま)神社夏祭 (お手火神事)

重さ250㎏、長さ4mの大松明3基に神火が順次点けられ、猛烈に燃えるそれぞれを10人ほどの若者が担ぎ、神...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

土崎(つちざき)港曳山まつり

ここには24基の曳山があります。高さは4~5m程度ですが、電線がなかった時代は24mを超えるものもあった...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

苦田秀雄(にがたひでお)

1946年 岡山県生まれ
NPO日本の祭りネットワーク副理事長
日本の祭り研究所所長
東日本国際大学客員教授

加藤正明(かとうまさあき)

1956年 大阪府生まれ
NPO日本の祭りネットワーク理事/事務局長
日本の祭り研究所研究員
東日本国際大学客員教授
立命館大学客員研究員

ページ先頭へ