日本の祭り研究所

日本の祭りを旅しよう

古来日本人はすべてのものに神が宿ると考え、自然を敬い、畏れてきました。それは太古より自然の脅威にさらされ続けてきたがゆえの知恵だったのです。さらに先人は異文化も柔軟に取り入れ、日本の風土にあわせて日本独自の文化を紡いできました。
人々は故郷の思い出を胸に齢を重ねます。それは故郷の自然であり、祭りの音、食べもの、いまは亡き親の顔など、祭りにみる思い出の数々。日本の祭り文化の底流は「自然への畏敬」と「人との和」であり、「故郷への愛」なのではないでしょうか。

これは北の大地から沖縄の離島にいたるまで、私たちが現地で取材した祭りのミニルポルタージュです。祭りには現地でなければ味わえない感動や臨場感、人々の想いがあります。ぜひとも現地で祭りを体感してください。地域の人たちはきっとあなたを優しく迎えてくれるはずです。

*18年にわたる取材のため、なかには廃絶したもの、開催日が変わったものも含まれているかもしれません。必ず事前にご確認ください。

海を渡る祭礼

この祭りを取り仕切るのは地域の22、23歳の若者。資金集めや準備から実施まで大人は一切口をはさみませ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

盛岡さんさ踊り

むかし、この地方に鬼が出て暴れるため、里人は三ツ石神社の神霊に鬼退治を祈願。神様は鬼を捕まえ、今...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

大曲(おおまがり)の花火

この花火は全国の花火師が腕を競う全国大会です。大曲に花火が定着したのは藩主・佐竹公が国替えの際、...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

久礼八幡宮大祭 御神穀(おみこく)さん

これは五穀豊穣を感謝し、新米を久礼八幡宮にささげ、その米に水と麹を加えてつくった一夜酒を奉納する...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

岸和田だんじり祭

岸和田といえばだんじりです。祭り人は、幼年、青年、壮年、老年の階層に分けられ、役割がはっきり決め...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

飯坂けんか祭り

ここは日本を代表する文人がこよなく愛した飯坂温泉。祭り最終日の夜、神輿が宮入りすれば祭りは終わり...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

長崎くんち

この祭りの起源は長崎奉行・榊原飛騨守の肝いりで遊女の高尾と音羽がお諏訪さまの神前に謡曲・小舞を奉...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

まりも祭り

神事は藁葺きの質素な住居(チセ)で行われます。2人の若者が白い酒を神妙に味見し、長老(エカシ)から順に...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

秩父夜祭

この祭りは12月3日の夜、武甲山の男神と妙見社の女神が年に一度お花畑で逢瀬を楽しむという伝説をもとに...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

蛸舞式(たこまいしき)神事

福岡神社の社伝の要約です。「古来若一王子権現とも称された王子は和歌山県熊野三社の内の祭神 速玉男命...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

牛窓(うしまど)秋祭り

“こんねんはじめて にほんへわたり にほんのみかどはとおりません とおりません”「牛窓秋祭り」の「唐子...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

遠州 森の祭り

太鼓と笛と鉦の囃子が小気味よく、14基の屋台は縦横無尽に町を練ります。ひょっとこが踊り、獅子が舞い...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

三作(みつくり)神楽

「三作神楽保存会」は三作集落の60名全員が会員。ここに生きることは神楽をするということ。神楽は地区7...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

ひょうたん祭り

のどかな初冬の里山を酔っぱらったひょうたん様が歩きます。それは地域で一番元気のよい老人が務めるき...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

へトマト

長崎県五島市下崎山地区の道で褌(ふんどし)の若者たちが観光客の顔に容赦なく墨をつけて回ります。これ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

木古内(きこない)町 寒中みそぎ祭り

行修者とよばれる4人の若者は褌姿で、口に晒(さらし)を噛み、両手を胸の前に組み、一列で神社の石段を降...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

神戸南京町 春節祭

春節とは旧暦の正月を意味し、中国ではこの日に正月のお祝いをします。神戸元町駅を海に向かって少し歩...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

国府宮(こうのみや)はだか祭

この日、尾張大国霊神社の境内は裸男の渦。この渦のどこかに神男(しんおとこ)(儺追人(なおいにん))がい...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

鹿児島神宮 初午(はつうま)祭

全国に多い「初午祭」ですが、鹿児島神宮では馬が太鼓と鉦と三味線の囃子にあわせて首を振ったり、スキ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

御柱祭(おんばしらさい)

御柱は神霊降臨の依代(よりしろ)とも、神霊鎮座の標識とも、社殿の造営を目的にしたものともいわれ、そ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

苦田秀雄(にがたひでお)

1946年 岡山県生まれ
NPO日本の祭りネットワーク副理事長
日本の祭り研究所所長
東日本国際大学客員教授

加藤正明(かとうまさあき)

1956年 大阪府生まれ
NPO日本の祭りネットワーク理事/事務局長
日本の祭り研究所研究員
東日本国際大学客員教授
立命館大学客員研究員

ページ先頭へ