日本の祭り研究所

日本の祭りを旅しよう

古来日本人はすべてのものに神が宿ると考え、自然を敬い、畏れてきました。それは太古より自然の脅威にさらされ続けてきたがゆえの知恵だったのです。さらに先人は異文化も柔軟に取り入れ、日本の風土にあわせて日本独自の文化を紡いできました。
人々は故郷の思い出を胸に齢を重ねます。それは故郷の自然であり、祭りの音、食べもの、いまは亡き親の顔など、祭りにみる思い出の数々。日本の祭り文化の底流は「自然への畏敬」と「人との和」であり、「故郷への愛」なのではないでしょうか。

これは北の大地から沖縄の離島にいたるまで、私たちが現地で取材した祭りのミニルポルタージュです。祭りには現地でなければ味わえない感動や臨場感、人々の想いがあります。ぜひとも現地で祭りを体感してください。地域の人たちはきっとあなたを優しく迎えてくれるはずです。

*18年にわたる取材のため、なかには廃絶したもの、開催日が変わったものも含まれているかもしれません。必ず事前にご確認ください。

羽黒山梵天祭り

この祭りのある羽黒山神社は、関東平野北端の栃木県宇都宮市上河内地区の独立峰・羽黒山の山頂(458m)に...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

島野浦神社秋季大祭

神事の後、神輿は魚恊へ。そこで神楽が舞われます。舞台は壁面をトロ箱の積み重ねで、それに大漁旗を飾...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

川越まつり

小江戸・川越はすべてが心に優しく、拍子木チョンチョンの2拍に“そ~れぃ”のかけ声で動きだす各町の山車...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

鴻(こう)八幡宮例大祭

神社の鳥居をくぐれば長さ70m、勾配16度の急坂が迫ってきます。珍しい参道です。その参道を笠鉾を先頭に...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

松山秋祭り 今出(いまづ)大神輿(おおみこし)

10月7日、神輿は延々10時間にわたって地域を練ります。黒い重戦車を思わせるそれは家々に突っ込んで玄関...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

豊烈(ほうれつ)神社の打毬(だきゅう)

打毬は紀元前6世紀ごろ、狩猟の技を磨くため中央アジアあたりに生まれたとされます。それが日本に伝わり...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

金吾様(きんごさま)踊り

これは不運な死を遂げた領主の島津金吾左衛門尉歳久公(通称「金吾さぁ(様)」に踊りをご覧いただいて慰安...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

長者・中根十三社祭り

この祭りで目立つのは中根地区5つの神社が伝統行事の「堰(せき)づつね」をした後、押日八幡神社で人間ピ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

鳴無(おとなし)神社秋の大祭(チリヘッポ)

ここは須崎市の横浪半島浦ノ内湾、リアス式海岸です。神社は内海の海辺に。別名「土佐の宮島」。祭りは...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

瀬波大祭(せなみたいさい)

午前4時、祭りを告げる先太鼓が西奈彌(せなみ)神社を出発。それは濱町を出発して地域を一巡。夕方、家々...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

奥津比咩(おきつひめ)神社大祭

自然と文化と食の能登半島、残された日本がここにはあります。祭りの日、奥津比咩(おきつひめ)神社には...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

無生野(むしょうの)の大念仏

激しく打ち鳴らされる太鼓と鉦。一斉に唱えられる経文。白装束の人々が剣を手に裸足で踊ります。この景...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

榊(さかき)祭り

佐久市望月宿は千曲川に合流する鹿曲(かくま)川沿いの旧中山道25番目の宿場町。その昔、街道にはあらゆ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

たてもん祭り

「たてもん」は神の依代であると同時に、供物を載せる三方(さんぽう)でもあるとか。それをクルクル回す...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

八戸三社(さんしゃ)大祭

来るわ、来るわ、これでもかといわんばかりに大輪の花のような山車がぞくぞく。それは電線があれば身を...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

金華山(きんかさん)龍神まつり 龍(蛇)踊り奉納

金華山は宮城県の太平洋に突き出た牡鹿半島先端の島で、古来海上交通の目印とされてきました。そこにあ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

白糠(しらぬか)厳島(いつくしま)神社例大祭

白糠厳島神社は港の丘の上に鎮座。ここは霧が多いため神社の赤鳥居は燈台の役割も果たしてきました。祭...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

山口祇園祭

ここは佇まいからして「大内のお殿様」の善政がよき風土を育んだことを感じる街です。八坂神社で「浦安...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

山名神社天王祭舞楽

この祭りには京都と江戸の文化が同居しています。ひとつは舞楽です。その演目「鶴の舞」は京都祇園から...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

遠山の霜月祭り

ここは山深い南信州遠山郷。一茶さんの「信州信濃の山奥のそのまた奥の一軒家。スズメとお話ししてたの...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

苦田秀雄(にがたひでお)

1946年 岡山県生まれ
NPO日本の祭りネットワーク副理事長
日本の祭り研究所所長
東日本国際大学客員教授

加藤正明(かとうまさあき)

1956年 大阪府生まれ
NPO日本の祭りネットワーク理事/事務局長
日本の祭り研究所研究員
東日本国際大学客員教授
立命館大学客員研究員

ページ先頭へ