日本の祭り研究所

日本の祭りを旅しよう

古来日本人はすべてのものに神が宿ると考え、自然を敬い、畏れてきました。それは太古より自然の脅威にさらされ続けてきたがゆえの知恵だったのです。さらに先人は異文化も柔軟に取り入れ、日本の風土にあわせて日本独自の文化を紡いできました。
人々は故郷の思い出を胸に齢を重ねます。それは故郷の自然であり、祭りの音、食べもの、いまは亡き親の顔など、祭りにみる思い出の数々。日本の祭り文化の底流は「自然への畏敬」と「人との和」であり、「故郷への愛」なのではないでしょうか。

これは北の大地から沖縄の離島にいたるまで、私たちが現地で取材した祭りのミニルポルタージュです。祭りには現地でなければ味わえない感動や臨場感、人々の想いがあります。ぜひとも現地で祭りを体感してください。地域の人たちはきっとあなたを優しく迎えてくれるはずです。

*18年にわたる取材のため、なかには廃絶したもの、開催日が変わったものも含まれているかもしれません。必ず事前にご確認ください。

木幡(こはた)の幡祭(はたまつ)り

祭りの日、氏子9集落が5色の大幡を担いで木幡山山頂の羽山神社を目指します。道中、「権立(ごんだち)」...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

津野山古式神楽

「津野山古式神楽」の演目は「宮入り」にはじまり、「二天」「山探し」「初参り」「幣舞」「手草(たぐさ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

綾子舞(あやこまい)

「綾子舞」は出雲阿国が京都四条鴨川河原で踊った「ややこ」を起源とする説があります。奉納団体は下野...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

海南神社 面神楽(めんかぐら)

「海南神社・面神楽」は舞台を清める「国固め」から始まり、天照大神が天の岩戸からでてくる「岩戸開き...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

五十猛(いそたけ)神社秋季例大祭

祭りの日、11月2日、朝まだ暗いうちから全員集合。ほぼ30人が10人づつ3班に分かれていざ出陣。行列の先...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

花籠(はなかご)祭り

担ぎ太鼓の先導で、山あいの道を色とりどりの飾りのついた花籠を背負った青年が歩いています。顔は化粧...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

亀岡神社秋季例大祭

この奉納神楽は天照大神の御神徳をたたえる「山之神」、技舞のひとつで器を両手に舞う「折敷(おしき)」...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

高山流鏑馬(こうやまやぶさめ)

古来流鏑馬は「矢馳馬(やばせうま)」とも表記され、6世紀の中ごろの欽明天皇の時代、戦乱を治めるため宇...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

沢登六角堂(さわのぼりろっかくどう) 切子(きりこ)祭り

「なにを奉納すれば観音様、聖徳太子様は喜ばれるだろう。それはきっと美しいもの」、ということでこの...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

諏訪神社秋季例大祭 奉納煙火(ほうのうえんか)

この祭りの奉納煙火は天保7年(1836)の疫病退散と五穀豊穣を祈って生まれたもの。硫黄や硝石のにおいが疫...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

越木岩(こしきいわ)だんじり祭り

この祭りには他とは少し違った特徴があります。ひとつはだれでも参加できる祭りであること。参加地域が...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

大槌(おおつち)まつり

2011年3月11日、東日本大震災の巨大津波は大槌の街を飲みこみ、多くの町民が還らぬ人となりました。それ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

中台梯子獅子(なかだいはしごじし)

「風祭(かざまつり)」は富山県八尾の「おわら風の盆」をはじめ、全国各地にある二百十日の風鎮めの祭り...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

田野辺(たのべ)の天祭(てんさい)

「天祭」とは太陽を祀る祭りです。それは山の上や櫓の上などに桟敷を組み、日天・月天・帝釈天・毘沙門...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

古郡神楽(ふるごおりかぐら)

この神楽は藤島城主だった新関因幡守久正が慶長6年(1601)、干害に悩まされていた農民のため池神社にこも...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

信玄原(しんげんばら)の火おんどり

天正3年(1575)、日本の歴史の分岐点となる「長篠・設楽原の戦」が勃発。武田信玄の庶子である武田勝頼(3...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

西海祭り(さいかいまつり)

日本海に陽が沈むころ「冨木御幸太鼓」が打たれ、神輿とキリコが港町を練ります。キリコは気勢をあげて...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

亀戸(かめいど)香取神社例大祭

武蔵の国、江戸の土地がまだ形成されていないころ、亀戸は亀島とよばれ亀の形をした島でした。その場所...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

しれとこ斜里(しゃり)ねぷた

江戸末期、ロシアは日本との通商を希望して様々なアプローチを繰りかえしました。が、幕府の態度が煮え...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

綴子(つづれこ)神社例大祭(綴子太鼓祭り)

古来、綴子はしばしば水不足に見舞われたため、雷鳴に似せて太鼓を打てば雨が降るのではないかとしたこ...

執筆者:苦田 秀雄

詳細を見る

苦田秀雄(にがたひでお)

1946年 岡山県生まれ
NPO日本の祭りネットワーク副理事長
日本の祭り研究所所長
東日本国際大学客員教授

加藤正明(かとうまさあき)

1956年 大阪府生まれ
NPO日本の祭りネットワーク理事/事務局長
日本の祭り研究所研究員
東日本国際大学客員教授
立命館大学客員研究員

ページ先頭へ